アニマルアーユルヴェーダ:ペットのためのナチュラルケア:ユーリカ

アーユルヴェーダ
素材へのこだわり
モイスチャーヘルスハーブパック
施術トリミングサロン

商品一覧
ハーブパック動画
ハーブパックの使い方
ビューティオイル・スキンバター
サロン・業者様へ

ハーブパック&オイル
スターターキット
お届け時カード払い



小動物

会社概要
FAQ
お問い合わせ
リンクページ
プライバシーポリシー

アーユルヴェーダとは/アーユルヴェーダ
      モイスチャーヘルスハーブパック
■ 美容と健康に潤いをプラス
  
臭い・痒みを防ぎ虫よけ作用のあるニームと、被毛を美しくするカシアに潤い成分【アロエベラ】をプラス。アロエの保湿作用が乾燥を防ぎ、しっとりと柔らかな被毛ともちもちのみずみずしいお肌に。

皮膚や被毛が乾燥している子はもちろんのこと、短毛種や毛が硬めのテリア種、被毛に光沢を与えツヤツヤの仕上がりにしたい、しっとりと柔らかくまとまったスタイルにしたい犬種にオススメです。

また、アロエは消炎作用に優れているので、夏の強い日差しを浴びたお肌のケアにも最適です。

■ こんな犬種におすすめ

■ 1/1000のパウダー
アロエベラは葉肉に厚みがあり、中のゼリー状の部分(ゲル)が豊富です。よく育った葉は長さ1m、重さが3kgになることもあります。

パックに使用しているアロエベラパウダーは皮を取り除いた中のゲルのみを乾燥して粉末にしたもの。このパウダーを1kg作るのに、なんと1000kgものアロエベラが必要になります。

アロエベラのゲルは99.5%が水分。残りの0.5%にビタミンやミネラル、アミノ酸、酵素などの有効成分が詰まっています。

こんな貴重なアロエベラパウダーも、化学肥料や農薬を一切使わずに育てたオーガニックのみを使って作っています。

■ アロエベラの特徴

■ 傷をいやすホルモン
植物細胞には、傷ついた植物の表面を回復させる【傷をいやすホルモン】のようなものがあります。この植物ホルモンは動物の傷にも同じ反応を見せ、寄生虫による皮膚の潰瘍のような疾患にも有効です。

アロエベラゲルからはこのような傷をいやす細胞賦活作用のある物質を効果的に得ることが出来ます。また、アロエベラには傷や火傷の回復を早めるのに効果的な亜鉛も含まれています。

さらにDNA合成促進作用もあり、新しい上皮細胞を作り出すので傷ついた皮膚の修理作業にとても有効な植物です。

■ 真実のアロエ
 
アロエは【医者いらず】と呼ばれ昔から多くの人たちに愛用されてきました。

日本でアロエといえばキダチアロエのことを指していましたが、他にもケープアロエ、シャボンアロエ、ソコトアロエ、タイガーアロエなど等、アロエには約500種類もあります。

ハーブパックに使用しているのはアロエベラ。正式な植物名はアロエ・バルバデンシス・ミラーですが、この名前が付く約200年前に【アロエ・ベラ・リンネ】という別名が付きました。

ベラとはラテン語で【真実】という意味で、植物学者のリンネが【ベラこそ真実のアロエ】と発表して名づけ、これが通称となって今日も広く使われています。

アロエベラの特徴は何と言っても肉厚な葉とその中に詰まったゲル。食品としては胃腸を整え免疫力をアップし、塗れば白く美しいトラブル知らずの肌に導くベラは、まさに【真のアロエ】と呼ばれるにふさわしい植物です。

その他の原材料(カシア・ニーム)についてはこちらをご覧下さい

COPYRIGHT(C) 2012 株式会社ユーリカ ALL RIGHTS RESERVED.